ETCコーポレートカードの特徴と類似しているETC法人カードの使い分け方

ETCコーポレートカードの特徴と類似しているETC法人カードの使い分け方

ETCコーポレートカードとは

ETCカードの利用が多い人のために発行されるETCカードです。コーポレートという名称は付いていますが、法人に限らず、高速道路を使用する頻度が高い一般の方でも申し込みすることができます。ただ、信用保証や預託金などを納付することなど、通常のETC法人カードを作成するのとはまた違った費用や手続きが発生してきます。また、このETCコーポレートカードは、ネクスコ東と中、西日本各社で発行もしく貸与されています。

ETCコーポレートカードのメリット

高速道路を利用する頻度が高ければ高いほど、ETCコーポレートカードは経費の削減につながるというメリットがあります。また、ETCコーポレートカードは複数枚作成することができますが、カード1枚につき明細書が発行されるので、

・いつ

・誰が

・どこの

高速道路をETCコーポレートカードを使って使用したのかが明確になります。会社で複数台車を保有しており、車両ごとの業務管理等を行いたいという際にもETCコーポレートカードは便利だと言えます。

ETCコーポレートカードの使用上の注意点

ETCコーポレートカードは車両1台につき、カード1枚となり割引を受けるためにはカードに記載されている車両ナンバーと実際に走行している車両ナンバーが一致しているということが条件となります。仮に、違う車種、違うナンバーであると確認された際は罰せられますので十分な注意が必要です。

ETCコーポレートカードとETC法人カードの違い

ETCコーポレートカードにも出資金が必要となります。これは高速道路に関連する企業が発行しているETC法人カードと変わりません。また、カードを発行するにあたり手数料も1枚当たり約600円強かかります。また、カードを受け取った後には「きちんと受け取りました」という受取書を提出する必要があり、これを提出しないとカードの利用ができません。この点がETC法人向けカードとは違う点です。また、高速道路を使用するにあたり、割引かれる率も変わります。一概にどちらの方がいいとは言えないため、高速道路の使用頻度や利用する車両の数などで良く検討することが大切です。