ETC法人カードの特徴

ETC法人カードの特徴

クレジットカード会社や高速道路に関連する企業が発行しているETC法人カードには、様々な特徴があります。

マイレージポイントを貯められる

一般向けのETCカードにもあるように、法人カードもマイレージサービスを利用することが可能です。高速道路を通行した金額に応じてポイントを貯められ、そのポイントは還元という形で請求額から差し引いてもらうことができます。仮に、月の利用料金が5千円に満たない場合でもポイントを貯めることができるため、持っていると大変便利です。ポイントは1000ポイントで500円分、3000ポイントなら2,500円、5000ポイントなら5,000円分の還元を受けることができます。ポイントは、1回の利用ごとに10円で1ポイント貯まるシステムになっています。ただ、ETCコーポレートカードについては、マイレージサービスが利用できませんのでご注意ください。

車両を選ばずに利用することが可能

車載器は車1台につき1つ必要となりますが、ETC法人カードは1枚あれば複数の車両で使用することができます。つまり、車種を選ばないため、仮にレンタカーを使用することになった際でもETCカードを車載器に差し込むだけで、レンタカーでもETC割引を受けることができるようになるわけです。さらに、多くの高速道路や有料道路でETC法人カードを利用することができます。

ETC割引がどのくらい受けられるのか

平日の朝6時~9時、夕方の17時~20時までの間にETCの出入り口を通過することで最大で100km分、30%OFFになります。場合によっては、50%OFFになることもあります。また、全国のネクスコが管理している高速道路であれば、午前0時~4時まで、ETCの出入り口を通過することができれば30%OFFになります。休日もネクスコが管理している高速道路であれば、30%OFFになります。ただし、これについては東京や大阪などの大都市の近郊区間については適応されませんのでご注意ください。