ETC法人カードの作り方

マイルが貯まる法人カードは年会費が高め

サービスと引き替えに付くデメリットがある

法人カードの中にはマイルが貯まるものが、たくさんあります。必ずしもすべてのカードに付与されているわけではありませんが、こういうサービスが付いたカードは年会費が高めに設定されていることが多くあります。お得なサービスがあるといっても、カード会社はどこかでバランスを取ろうとしているわけです。

マイルが貯まることは大きなメリットですが、年会費が高いために実際はそれほど得をしていないこともあるので注意してください。それぞれの法人カードでは細かく条件が書かれているので、具体的にどれくらいのマイルを貯められるのか、それに対して損をしないのかを考えていきましょう。

手数料が必要な場合に注意

法人カードの中には、マイルを直接貯められるものもあれば、ポイント交換でマイルを手に入れるタイプもあります。通常なら、交換は無料で行えるのですが、カードの種類によっては手数料が発生することもあるのです。

純粋に手数料と言えるものではありませんが、「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」では「ANAマイレークラブ」への参加が必要です。これは年間5,000円(税別)の費用がかかるため、元々の年会費へ加算して考える必要があります。

このカード自体は、ほかの法人カードと比べてもサービスが豊富にあるため、年会費が多少高くても気になるものではありません。法人カードの場合、年間5,000円を払ってもマイルに交換した方がお得ということもあるので、使い方次第と言えます。

交換レートに注意

法人カードで、直接マイルが貯まるタイプのカードは少ないです。基本的にポイントを貯めて、それをマイルと交換する方法が主流です。そして交換のレートは各カードによって異なるので、ここにも注意しましょう。マイルを得ることだけを考えていると、総合的にもっとお得なカードがあることに気づけない場合もあるからです。法人カードを持つ場合は、様々な面からサービスを比較していきましょう。